So-net無料ブログ作成
前の1件 | -

北海道夏旅2019 ~はやぶさ号で東京を脱出! [旅2019]

こんにちは。ご無沙汰しています。
2019年の8月下旬に、北海道を旅してきたお話を綴って行こうと思います。よろしければお付き合いください。

☆-☆-☆-☆-☆

おはようございます! JR東京駅へやって来ました。

ai_sakura.jpg
▲AIさくらさん
ただいま東京と品川駅で実証実験中(11月10日まで)です。

今日は日曜日ですが、東京駅は旅行客を中心に混雑しています。
お弁当を調達したあと、改札を通って新幹線のりばへ。ホームで待っていると、私たちが乗る列車が入って来ました。

264b.jpg
▲なすの264号入線!
折返し、はやぶさ7号 新函館北斗行き(3007B列車)となります。

はやぶさ7号はE5系10両のU20編成。下り方に、こまち7号(3007M列車)を繋いでいます。

3007m.jpg
▲こまち号は、E6系Z1編成
盛岡まで併結して行きますよ♪

車内整備が終了し、乗車開始。荷物の整理が終わったところで、はやぶさ・こまち号は東京を滑り出すように発車しました。東京を出ると、上野・大宮の順に止まります。

arakawa_riv.jpg
▲荒川を渡りました
空は雲が多いながらも晴れています。上野~大宮にて。

お腹が空いたので、早速お弁当タイムにしましょう。今回(も)買ったのは↓こちら。

kanimeshi.JPG
▲山陰鳥取かにめし
毎度おなじみ、カニのお弁当です。うまいす(^ ^ )♪

列車は大宮を出ると新幹線らしいスピードで走るようになりました。

spd270kmh.jpg
▲速度270km/hで走行中
小山~宇都宮にて。このくらいの速度では、走りにまだまだ余裕がありますね。

そして宇都宮を過ぎると、最高運転速度が320km/hにアップ!

spd320kmh.jpg
▲速度320km/hきたー(≧▽≦)!
那須塩原~新白河にて。駅で通過するのを見たら、きっとすごい迫力だろうなぁ!


ところで、最近JR各社では車内販売の縮小が相次いでいますが、いちおう本列車にはワゴンサービスによる車内販売があります。しかし、名物(?)だったシンカンセンスゴイカタイアイスは売られていないので・・・

waffle.JPG
▲ワッフルを買いました
それなりにおいしいけど・・・やっぱりスジャータアイスが食べたいよ(´・ω・`)

ビールやおつまみは売っているのに、なぜアイスは売らないのかな?
いちおう、スジャータアイスは東京駅の駅弁屋 祭でも買えます。ただ、違うんだよな~。アイスを受け取った時、カッチコチでスプーンが刺さらねー!・・・というあの状態が楽しみのひとつなわけで。車販での復活を切に願うところです。

☆★☆★☆

列車は仙台を出ました。乗客が多少入れ替わり、気づけば空は快晴です。

sendai_furukawa.JPG
▲雲が取れてよく晴れています
仙台~古川にて。

引き続き速度315km/h程度を維持しながら、はやぶさ・こまち号は北へ。岩手県に入って一ノ関を通過すると、すぐに北上川を渡ります。

kitakamigawa_1b.JPG
▲第1北上川橋梁を通過中
いちおう鉄道橋長さ日本一(3868m)です。

第1北上川橋梁は、遊水地部分を含めて一気に渡るために4km近い長さになっていますが、トラス部分は北上川本流の所だけですし、そもそも新幹線は高架部分が多っかたりで、あまり日本一の長さを実感できないのよね。。


何度か北上川を渡り、東京から2時間15分で盛岡に到着しました。
切り離したこまち号が先に出て、はやぶさ号はその後に発車です。盛岡を出ると、右手奥の方に兜明神岳が見えます。

mt_myojin.jpg
▲兜明神岳
山田線に乗ると、途中の区界付近で大きく見える山です。
キハ110に乗って、宮古にまた行きたいな。。

盛岡から先は、最高速度が260km/hとなります。E5系は揺れも少なく、乗り心地はかなり良いです。
途中、七戸十和田辺りからはトンネル内で携帯電話が圏外となりましたが、現在この区間でもトンネル内で携帯電話が通じるように整備中で、今年度中には新青森の手前までサービスが開始される予定だそうです。

aomori.jpg
▲まもなく新青森
遠くに青森ベイブリッジや青森駅周辺の市街地が見えます。

はやぶさ号は、東京から3時間10分ほどで新青森に到着しました。この続きは次回。


"新幹線と在来線で函館へ"につづく。
nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行
前の1件 | -