So-net無料ブログ作成

南紀の旅2019 ~熊野観光 [旅2019]

5月の連休に、南紀を旅してきたお話。2日目の様子です。

☆-☆-☆-☆-☆

おはようございます。朝風呂入ってきました!

sunrise_day2.JPG
▲よく晴れています♪
時刻は6時5分。太陽がまぶしーっ!

8時を過ぎたので、朝食会場へ。早起きしたのでおなかすいたぁ~。。

breakfast_day2.JPG
▲オムレツもぐもぐ♪
バターが入っていておいしい(^ ^ )

この他にサラダやみそ汁、ヨーグルトなども食べておなかいっぱい。ごちそーさまでした!

~・~・~・~・~

10時に宿をチェックアウトし、船で港へ送ってもらいました。そこから徒歩で5分くらいのところにある、駅近くのレンタカー営業所にて車を借りて出発♪

yatagarasu_1km.jpg
▲那智山まで1km
八咫烏が案内します・・・?

有名観光地ということで道路が渋滞していましたが、1時間ほどで駐車場に到着。滝を見に飛龍神社へ。

hirou_sr_rd.jpg
▲飛龍神社への道

石の階段を降りて行くと・・・

hirou_sr.jpg
▲境内の様子
あ、滝が見えてきた!

nachinotaki_fl.jpg
▲那智滝
落差133m。飛龍神社の御神体です。

飛龍神社は過去に何度か(いずれも真冬に)訪れていますが、暖かい時期に訪れると、より涼しげでいいですね♪

omikuji.JPG
▲でっかいおみくじにチャレンジしましたが・・・
小吉でした(^ ^;)

~・~・~・~・~

再び車を走らせて、山を下りる途中で大門坂に寄りました。ちょっと熊野古道の雰囲気を感じてみましょう。

daimonzaka.JPG
▲ここが大門坂の入口かな?
この辺りから上って行きましょうか。

道の両脇には民家がちょこちょこと並んでいて、その周辺は畑が点在しています。

daimonzaka_vw.JPG
▲棚畑
一部では何かが栽培されているようでした。お茶かな?

かつての新宮藩の関所跡を過ぎて小さな川を渡ると、大きな杉の木が見えてきました。

meotosugi.jpg
▲夫婦杉
ずっしりと構える樹齢約800年の杉の木は、まるで巨大な門のよう。

この先は石畳や石段になっていて、昔からの熊野古道の姿を色濃く残しています。

daimonzaka2.jpg
▲大門坂
熊野那智大社への参道で、熊野古道の一部です。

木漏れ日が射し込むこの道を、昔の人たちも歩いて行ったのでしょうか。
1kmほど上って行くと熊野那智大社へ至りますが、私たちはここで引き返して再び車で山を下り、次の目的地へと向かいました。

~・~・~・~・~

県道で那智勝浦まで戻った後、国道42号を走って串本町へ。橋杭岩の所に道の駅があったので、そこで休憩~♪

hashiguiiwa.JPG
▲橋杭岩
巨大な岩が橋の杭のように直線的に並んでいます。

いくつもの岩が海中から突き出たこの風景は、かつて弘法大師が紀州行脚の際、向かいの大島へ渡る為に、天邪鬼に手伝ってもらって橋を架けようとした時の橋脚が残った・・・という伝説があります。
実際には1500万年前の火山活動により造られた地層が隆起して柔らかい部分が侵食され、硬いマグマの部分が残ってできたもの・・・だそうです。

さて、もう14時を過ぎたので、ここで昼食タイム。道の駅から道路を渡った側にあるお店はどうかしら?

kairi_shp.JPG
▲喫茶・軽食 海里
ラーメンの幟があるので、ここにしようかな。

私たちは空いていたテーブル席へ。少しして、注文したラーメンが運ばれてきました。

lunch_day2_1.jpg

lunch_day2_2.jpg
▲和歌山ラーメン
麺は中太ストレート。具は青ネギ・メンマ・チャーシュー、そしてかまぼこ。

ラーメンはマズくはないのですが、スープがちとぬるかったな。ここはラーメン専門店ではないので、まあこんなもんでしょうね。。


"白浜温泉に泊まる"へつづく。
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

nice! 3

コメント 2

masa

那智滝、水しぶきが飛んできそうな迫力ですね。
ラーメンはちょっと残念でしたね。
箸で麺を持ち上げてる写真いいですね。
by masa (2019-06-09 16:24) 

きゅぴ

masaさん、こんばんは。
那智滝は風向きによっては細かい水しぶきが飛んでくることもありそうです。
今回の旅では移動中に食事できるお店が少なく、昼食はあまり期待したものが食べられませんでした。
by きゅぴ (2019-06-09 18:34) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。